スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.03.19 Sunday/ -/ / -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

恨みを手放す(A course in miracles)

 ◆A course in miracles

私たちを怒らせるようなことを何もしたことがない人を許すのは簡単です。
しかし、私たちを怒らせる人は最も大切な先生です。
そういう人たちは、私たちの許しの能力の限界を示してくれます。
恨みを抱くことは、神の救済の計画に対する攻撃である。
他の人たちに対する恨みを手放すという決定は、
自分自身の本当の姿をありのままに見るという決定です。
なぜなら、他の人の完璧さに対して私たちを盲目にする闇は、
私たち自身の完璧さに対しても私たちを盲目にするのですから


 ※『
愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」 』より

JUGEMテーマ:オススメの本

この瞬間こそすべてなのだ(キング夫人)

◆キング夫人(テニス・プレイヤー)

激しいボールの打ち合いが、しんと静まりかった観衆の中で続く
‥‥そんなとき、私は試合を止めてマイクを握り、叫びたいのだ。
「この瞬間こそすべてなのだ」
本当にそうなのです。
試合が終わって手にいれたいと思うものは、
大きなトロフィーとかそんなものじゃありません。
ただ、純粋にプレイをし、無垢な感情を経験した、という感覚です。
だからなにかの理由で、その感覚とうまくコミュニケイトできなかったときは
いつも悲しくなります。


 ※『
スポーツ・スーパーラーニング―スポーツマンのバイブル 』より
 ※『
スポーツと超能力―極限で出る不思議な力 (コズモブックス (8)) 』参照

 ※より詳しくは
覚醒・至高体験の事例集:スポーツ選手の場合・テニス・プレイヤー:キング夫人 を参照のこと

JUGEMテーマ:オススメの本

ただ黙ってこの世を見る(辻邦生)

辻邦生

死は自分を消滅させる。
どんなにじたばたしたって最後には自分を放棄するほかない。
人間はそのときになって初めて、
自分中心の気持ちから解放されるんだよ。
もう諦めて、自分に執着することをやめて、
ただ黙ってこの世を見るんだ。
そうすると雲も風も花も光も
今まで見たこともなかった美しいものに見えてくる。
波璃のような世界がそこに姿を現しているのに気がつくんだ。
だから人間にとって死とは、この世が何であったかを知る最後の、
最高の機会になるんだね。
その意味でも、死は、人間にとって、
やはり素晴らしい贈物であると思わなければならないんだよ。


 
 『樹の声海の声〈上〉 (1982年) 』より


JUGEMテーマ:オススメの本

「している自己」が崩れ去ると(ラリー・ローゼンバーク)

◆ラリー・ローゼンバーク

呼吸も、感受も、心の状態も、
やって来ては去って行くものすべてを見つめていると、
これらのことを「している自己」という概念が
想像上のものであることも理解されてきます。
生涯にわたって持つであろうその概念がすべて崩れ去ると、
あるいは少なくとも弱まってくると、
私たちは重荷を下ろすことができます。  

 ※『
呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想 』(春秋社)

JUGEMテーマ:オススメの本

人生に起ることは必然(鈴木秀子)

◆鈴木秀子

自分の人生に起ることは必然であり、
無駄なことは何一つありません。
そして、人生には余計な回り道というものもありません。
嫌なことや苦しいことは、私たちが自分自身を大きくするために
自ら引き寄せたものであり、それを乗り越えたときに
ひとまわりもふたまわりも大きく成長することができるのです。


 ※『
「こころの目」で見る 』(清流出版))より

JUGEMテーマ:オススメの本

 

今、この瞬間に着いたら

◆エリエール&シーヤ・カーン 

ここに来られたら
今、この瞬間に着いたら
毎日が特別になるでしょう
毎日は同時に 「深遠」であり、「普通」でもあるのです
 

 ※『
今ここに生きる力―「瞬間的に人生を変容できる」生き方の極意 』より


JUGEMテーマ:オススメの本

今、この瞬間に着いたら

◆エリエール&シーヤ・カーン 

ここに来られたら
今、この瞬間に着いたら
毎日が特別になるでしょう
毎日は同時に 「深遠」であり、「普通」でもあるのです
 

 ※『
今ここに生きる力―「瞬間的に人生を変容できる」生き方の極意 』より

JUGEMテーマ:オススメの本

大きな場の中に生きている

◆アーノルド・ミンデル

自分ひとりだけのプロセスなどはない。
私たちはみんな一緒に、
ものすごく大きなひとつの場の中に生きていて、
その一部分を受け取っているだけなのだ。
だから、 私たちが感じるすべての感覚に感謝し、
できるかぎり、
そのすべての感覚を活かさなければならない。
こうなると、すべてのものが私であると同時に、
これが私だというものは何もない、といえる。



 ※『うしろ向きに馬に乗る―「プロセスワーク」の理論と実践 』より

JUGEMテーマ:オススメの本

無意識の自己実現

◆ユング

私の一生は、無意識の自己実現の物語である。
無意識の中にあるものはすべて、
外界へ向かって現われることを欲しており、
人格もまた、その無意識的状況から発達し、
自らを全体として体験することを望んでいる。

 

 ※『ユング自伝―思い出・夢・思想 (1) 』より

JUGEMテーマ:オススメの本

大いなる存在

 ◆エックハルト・トール

「大いなる存在」とは、
死を運命づけられえた無数の生命形態を超える、
唯一の「不滅の生命(いのち)」です。
しかも、「大いなる存在」はあらゆる生命の奥深くに、
目には見えず、絶対に滅びることのない本質として、
宿っているのです。
つまり、「大いなる存在」は、人間のもっとも深いところに
「ほんとうの自分」として存在しており、
わたしたちはそれに「つながる」ことができるのです。
 

 ※『
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる 』より


JUGEMテーマ:オススメの本

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

つぶやけば誰かとつながる!!

管理人の著作

最近読んで面白かった本

美しくも不思議な縄文の魅力・写真集

全米で最も影響力のある精神世界指導者

私も深く影響を受けた本

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM