スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.03.19 Sunday/ -/ / -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

恐怖と怒り(ケン・ウィルバー)

◆ケン・ウィルバー

本来つぎめなのい意識を、主体と客体に、
自己と他者に引き裂くときはいつも、
その自己は恐怖を覚えるということだ。
理由は単純。
今やあまりに多くの「他者」がいて、
それがみな危害を加える可能性ともっているからだ。
‥‥この恐怖から怒りが生じてくる。


 ※『グレース&グリット―愛と魂の軌跡〈上〉』より

JUGEMテーマ:オススメの本

スポンサーサイト

    2017.03.19 Sunday/ -/ 14:33/ -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

つぶやけば誰かとつながる!!

管理人の著作

最近読んで面白かった本

美しくも不思議な縄文の魅力・写真集

全米で最も影響力のある精神世界指導者

私も深く影響を受けた本

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM