スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.03.19 Sunday/ -/ / -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

ほんとうの環境問題

評価:
池田 清彦,養老 孟司
新潮社
◆『ほんとうの環境問題
 
環境問題の常識を打ち破る本。

たとえば、一時フロンガスがオゾン層を破壊するとして問題にされ、規制もされたが、最近はこの説があやしくなってきたという。太陽活動との関連で南極の温度が低下することが、南極のオゾン層が減る原因だとする説が有力なのだ。さらに、これもマスコミで大々的に取り上げられた環境ホルモンの問題。最近すっかり聞かなくなった。環境ホルモンによって野生生物がオス化するという説は、かなりあやしくなったらしい。

このように大きな話題となり、社会に影響を与える科学の説が、数年後、数十年後にはあやしくなり、まったく逆の説が有力となるということは多い。マスコミやそれに踊らされる世論が、ひとつの方向に突っ走ってしまう危険性というのを、つねに意識していなければならない。

JUGEMテーマ:オススメの本


現在、エコの名の元にペットボトルのリサイクルが行われているが、これへの反論もある。回収されたペットボトルを再利用しても、質の劣る白濁したペットボトルしかできず、あまり売れないという。再利用に莫大なエネルギーが注入されるにもかかわらずである。生ゴミは燃えにくいのでわざわざ重油をかけて燃やすが、ペットボトルもともに燃やせばその必要もなくなる。そうした一切を勘案せず、エコという名のもとに不合理なことが行われている可能性がある。そこにリサイクル業者の利権がからむ。

今、私たちに必要なことはエコだからすべていいと、単純に踊らされず、様々な角度から複眼的に、見ていく事なのかもしれない。そんなことを考えさせられる本だ。

スポンサーサイト

    2017.03.19 Sunday/ -/ 14:15/ -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

つぶやけば誰かとつながる!!

管理人の著作

最近読んで面白かった本

美しくも不思議な縄文の魅力・写真集

全米で最も影響力のある精神世界指導者

私も深く影響を受けた本

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM