スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.03.19 Sunday/ -/ / -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

長生きしたければ朝食は抜きなさい

長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは (KAWADE夢新書)

甲田光雄の医療実践の本。ただし著者は医学ジャーナリスト東茂由。甲田光雄の医療理念と実践法のエッセンスを紹介する本で、たいへん読みやすい。私にとってはまたまた実に刺激の多い本だ。

小食こそが健康の原点だというのが甲田療法の根本だ。試しに、体調が悪いと思ったら、食べる量をすくなくしてみれば、それだけで体調がよくなり、血液検査の数値が改善されるという。 食生活に問題があるから、内臓の働きが低下し、老化が早く進み、髪がうすくなったり、シミができたりするのだという。食事に気をつけ小食を保っていれば、たとえ90歳になっても髪の毛は黒く豊かに、シミもあまりでない。 大食すると就寝中も食べ物を代謝するのに追われ、長時間寝ないと疲れがとれない。小食で夜食もとらなければ、就寝中に体に余分な負担がかからず、短時間で熟睡でき、目覚めもすっきりするという。 夜食をとったときと、とらなかったときとでは、朝の体調に大きな差が出る。しかも夜食をとらない生活を数日続けただけで、その後夜食をとった翌朝の体調の悪さが敏感に分かるようになるという。それだけ異状を察知する感度が鋭くなるのだ。

朝食をとらないと体に悪いというのが現代栄養学の常識のようだが、この本は、そういう現代栄養学のうそをことごとく覆していく。朝食を食べると血液は胃腸へ回され、腎臓はお留守となって、そのぶん老廃物を排泄できなり、さらには宿便をためこむことになるという。少なく食べて老廃物を完全に排泄することが大切だ。朝食はむしろ有害である。午前中は、老廃物を排泄して、胃腸を休ませるときで、その時間帯に食べると排泄にブレーキをかけるという。慣れてくると朝食を食べないほうがむしろスタミナがつくという。胃の負担が軽くなり、栄養物が効果的に吸収されるからであろう。 現代医学の「常識」が頭にこびりついてしまっている人には、なかなか受け入れがたいだろうが、この本を読めばきわめて説得力のある説であると納得できる。著者自身の長年の経験と、医者としての医療実践に裏打ちされた説だからである。 

私自身、実験したが、たった一日昼食を抜いただけで、明らかに調子よく体が軽く、爽快になった。 その後、二食どころか一日ほぼ一食を実験しはじめたが、スタミナ切れどころか、むしろ気分爽快でであった。

JUGEMテーマ:食事

スポンサーサイト

    2017.03.19 Sunday/ -/ 11:14/ -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

つぶやけば誰かとつながる!!

管理人の著作

最近読んで面白かった本

美しくも不思議な縄文の魅力・写真集

全米で最も影響力のある精神世界指導者

私も深く影響を受けた本

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM