スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.03.19 Sunday/ -/ / -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

自我と「力動的基盤」―人間発達のトランスパーソナル理論

この本でウォシュバーンは、人間の発達が、根源からの離反と根源へのより高次な回帰という螺旋状の道程に従うという見方(力動−弁証法的パラダイム)を提出する。根源からの離反の後に、根源を通してトランスパーソナルな統合の道へと折り返していくのが螺旋状の輪である。これに対してケン・ウィルバーは、まっすぐにより高次のレベルに上昇していく「構造−階層的パラダイム」という誤った見方をしているという。

彼によるウィルバーへの批判は参考になるが、一方でよく分からない部分もある。かんたんに言うと、無意識の全体を差すと思われる〈力動的基盤〉という概念がかなり曖昧なのだ。幼児期にそこから旅立つ〈力動的基盤〉と、超越においてそこに回帰する〈力動的基盤〉とが、まったく同じものとして扱われている。本当にそう言えるのかどうかは、前提とすべき問題ではなく、きちんと説明されなければならないと思が、ウォシュバーンはその説明をしていない。とすればこれこそ、ウィルバーに前−超の虚偽として批判されてしまうのではないか。

JUGEMテーマ:精神世界の本

スポンサーサイト

    2017.03.19 Sunday/ -/ 08:32/ -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

つぶやけば誰かとつながる!!

管理人の著作

最近読んで面白かった本

美しくも不思議な縄文の魅力・写真集

全米で最も影響力のある精神世界指導者

私も深く影響を受けた本

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM