スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.03.19 Sunday/ -/ / -/ -/ -/ -/ by スポンサードリンク

自己の実現

◆ラマナ・マハリシ(マハルシ)

見る者と、見られている対象物とは、ロープと蛇のようなものである。
蛇という間違った知識が消えないかぎり、実体であるロープという知識はやってこない。
同じように、実在するものとしての自己の実現は、
世界が実在するという信念が消えてしまわないかぎりは得られないだろう。

 ※『ラマナ・マハリシの教え』より
 
JUGEMテーマ:オススメの本

オメガ点・超越心

◆ケン・ウィルバー 

現在までの進化のコースをみるがよい。アメーバから人類までの道のりを! 
それならば、このアメーバから人間への進化率を未来の進化に適用したらどうであろうか。
つまりアメーバが人間に対する関係は、人間がXに対する関係に等しいのである。

Xとは何か? 
この「X」が、本当にオメガ点、ガイスト、超越心(スーパーマインド)、
霊であるかもしれないと言ったら嘲笑されるだろうか。

下意識が自己意識に対するのは、自己意識が超意識に対する関係に等しいのではないか。
前個人的なそれは個人的なそれに道をゆずり、
個人的なそれは超個人的なそれに道をゆずるのではないであろうか。

あのブラフマンはたんに進化の根拠であるだけではなく、
その目標でもあるのではないであろうか。


 ※『構造としての神―超越的社会学入門』より
 
JUGEMテーマ:オススメの本

偉大さの萌芽

エリザベス・キュブラー・ロス

どんな人でも偉大さの萌芽をもっている。
『偉大な』人物が、ほかの人たちのもっていないものをもっているというわけではない。
『偉大な』人物はただ、
最良の自己のまえに立ちはだかる余分なものを脱ぎすてているだけなのだ。
 

 ※『ライフ・レッスン (角川文庫)』より

 
JUGEMテーマ:オススメの本

「私」というエゴ性なしに

◆ラマナ・マハリシ(マハルシ)

人が何をするにしても、
「私」というエゴ性なしにそれをしなければならない。
すべてのことをそのように行えば、
すべてはシヴァ(神)の本性として現れる。


 ※『ラマナ・マハリシの教え 』より


JUGEMテーマ:オススメの本

大地から黄金の気が(植芝盛平)

◆植芝盛平

たしか大正14年の春だったと思う。
私が一人で庭を散歩していると、突然天地が動揺して、
大地から黄金の気がふきあがり、私の身体をつつむと共に、
私自身も黄金体と化したような感じがした。
それと同時に、心身共に軽くなり、小鳥のささやきの意味もわかり、
この宇宙を創造された神の心が、はっきり理解できるようになった。


※『合気神髄―合気道開祖・植芝盛平語録 』より


※この言葉の前後を含む詳細は、覚醒・至高体験の事例集>気功家の場合>植芝盛平氏 を参照してください


JUGEMテーマ:オススメの本

<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

つぶやけば誰かとつながる!!

管理人の著作

最近読んで面白かった本

美しくも不思議な縄文の魅力・写真集

全米で最も影響力のある精神世界指導者

私も深く影響を受けた本

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM